晩ご飯

新年会シーズンも終盤となり、時々夫と自宅で晩ご飯という日も出てきました。

朝から聞いてしまうのです。「晩ご飯、何食べたい?」。返事はほとんど「何でもいいよ。」(朝食後に晩ご飯のことなど想像できないのもわかります)

「何でもいいよ。」が一番難しい。結局、1日ばたばたして、お鍋になってしまうのです。

有難いことに、お鍋が大好物な我が夫。寄せ鍋・豚しゃぶ・キムチ鍋等々、流行りの鍋スープも駆使して調理。

過日、夫と居酒屋に寄った折り、開口一番「どの鍋にしようか…」とメニューをのぞき込む夫。

「私、お鍋はあまり好きではないの…」と言うと、「えっ!」と驚きの夫。そして、「いつもお鍋作っているのに…」「なんで?」…と、ようやく合点がいったようでした。

主婦業28年目、もう少しレパートリーを増やさなければと思った夜でした。