一般質問

第1回中央区議会定例会が、2月24日から開催されました。

25日と26日の両日に一般質問が行われ、初日の25日に同僚の中嶋議員と夫が質問をしました。。

区議会議員としては最後の定例会、最後の一般質問となりました。

平成3年4月の統一地方選に出馬し中央区議会議員に初当選以来、何度も質問をする機会をいただきましたが、区議として最後となる一般質問に取り組む夫の姿を間近で見ていて24年間の出来事をいろいろと思い出しました。

新人の頃は、先輩方や区役所の方々にご指導いただき、何度も何度も書き直しをしていました。その後、ワープロ・パソコンと機器が登場してきますが、1期目は手書きの原稿でした。

今回の質問の内容は、1、今後の人口推計について。2、子育て環境について。3、健康長寿社会の実現について。4、中央区役所本庁舎の建替えについて。5、晴海のまちづくりについて。6、区長の政治姿勢について。…の以上、6項目12点でした。

何度か傍聴したこともありましたが、今回は家から離れられないこともあり、初めて「中央FM」を聞きました(前の家は電波状況が悪く聞き取れなかった)。

登壇順が最後になるため、18時までの放送に間に合うかどうかといったところでしたが、運良く質問を最後まで聞くことができました。区長の答弁の冒頭で残念ながら放送時間が終了となりました。

24年前の第1回目の一般質問は議場で地元の方々と傍聴し、区議会議員最後の質問もラジオを通して聞くことができました。24年間、ご指導いただいた皆様方には大変お世話になりました。ありがとうございました。